TEAM

現場管理チーム

現場管理チーム

OUKENはしっかりとした施工計画を立て、ひとつひとつの家づくりに時間をかけて向き合っています。家を構成する素材に関しても、制限はなくすべてのメーカーから選択でき、こだわりを妥協することもありません。現場チーム一丸となって「お客様に喜んでもらうために何ができるか」という想いを持って家づくりに取り組んでいます。

メンバー

高松エリア

米田 博

1級建築施工管理技士 米田 博 hiroshi yoneda

建物はお客様、設計者、施工者、様々な分野の人が知恵を持寄ることで、 初めて幸せを感じる素晴らしい建物が完成します。よく設計打合せが終わり、 着工して以降はお客様と工務店との接点が少なくなりがちですが、 当社では工事の各段階で写真を用いた工事進捗報告や社内自主検査報告を行い、 お客様に安心して工事を見守っていただけるよう努めています。

高松エリア

藤井 達也

藤井 達也 tatsuya fujii

大工の家系で生まれ育ち、物心づいた時には建築に携わる道を志すようになりました。前職の大手ゼネコンで培った責任感でお施主様や職人さんとの信頼関係を築き、住まいづくりに努めます。施工管理はもちろん、引き渡し後のアフターメンテナンスまでお施主様のパートナーとして寄り添います。

おもな仕事

まずは、プロによるアドバイス

まずは、プロによるアドバイス

OUKENでは、着工するときに初めて現場監督と顔あわせをするのではなく、 オープンハウスなどのイベントでもお客様をお出迎えし、現場のプロとしてさまざまなアドバイスを行います。 外から見るだけでは分からない構造のことなども、専門的な建築用語を使わずに分かりやすくご説明しながら、 何かしら家づくりのヒントを持ち帰っていただければと考えています。

いよいよ、着工

いよいよ、着工

工事が始ると、いよいよ頭の中のイメージが少しずつ形になっていく段階です。基礎工事から始まり、設備の先行配管、棟上工事を行います。その後、屋根やバルコニー、外壁、造作、床、壁と徐々に家が完成に近づいていきます。
家づくりには様々な業者さんが関わりますが、OUKENには「旺友会」という協力業者会があり、常に同じゴールを目指すパートナーとして、より良い家づくりを追及しています。デザインの自由度も高く、本物のオーダーメイドでお客様の想いを形にするために、現場のメンバー全員がアイデアと経験を存分に発揮しています。

ついに、待望のお引き渡し

ついに、待望のお引き渡し

竣工の際には完成した建物を、お客様の目でチェックしていただきます。 手直しなどがあれば改善し、ご納得いただけましたら、建物のお引渡しとなります。 お引渡し時にはスタッフが企画した思い出に残るセレモニーも開催し、オーナーになる感動の瞬間を皆で祝福いたします。
その後もアフターメンテナンス体制をしっかりと取り、定期的に点検を行いながら、 お子さんの成長に合わせて「間取りを変えたい」といったリフォームのご相談なども承っています。