TEAM

ひとつ屋根の下の建築家集団。

一級建築士の数も地域トップクラスのOUKENでは、
すべて自社の建築家たちがヒアリングからプラニング、
お引渡しまで親身に対応します。
そのため細やかな要望にも応えられ、
コスト面も抑えることができています。

設計チーム

間取りや設計は、部屋という面を組み合わせるパズルのようだと思われるかもしれませんが、OUKENの設計思想は全く異なります。自由なデザインの家づくりは、点と線を組み合わせるため、よほどのことがない限り「これはできない」と言うこともありません。お客様の「理想の家」を実現するために、打ち合わせの回数も上限なく、ご満足いただけるまでプランニングします。

メンバー

高松スタジオ

増田 圭太

1級建築士 滝 龍馬 ryuma taki

建築とは、人を守り、人を育てる装置です。その中で「家」は人が最も長い時間を過ごす、一番大切な建築だと思います。お客様の家に対する、理想のライフスタイルやこだわり、ご要望を聞き取り、その敷地環境に最も適した、唯一無二の世界で一つの理想のお家をご提案させて頂きます。そして、お客様からの「いいお家をありがとう」を聞くのが私たちの幸せです。

岡山スタジオ

松井 基展

1級建築士 松井 基展 motonobu matsui

『幸せなすまい』とするためには、見目だけでなく本当に心地いい空間でなければなりません。そのために、私たちは素材や色など細かい部分までもデザインし、お客様に最適な空間をご提案します。規格化された住宅を持たず、すべての住まいを線1本から描きはじめる理由です。

おもな仕事

「感性」と「コスト」のバランスを考える

まずは、業界経験豊富なスタッフがお客様とお話をしながら、現時点での「住みたい家」のイメージや、エリア、予算感などをお聞きします。OUKENの大きな強みのひとつが「デザイン性にこだわりながら、コストも考慮されていること」。マネープランの専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)も同席して、プロならではの予算計画の立て方などもアドバイスします。また、お客様の「感性」や「趣味趣向」にあった建築家もご紹介し、一度実際にOUKENで建てられた住まいへの内覧会もおすすめしています。

建築家2人で、お客様の幸せ感をヒアリング

いくらプロの建築家とはいえ、人によって感性も違いますし、「知らない人」より「知っている人」の家をデザインする方が、いいクオリティになるものです。だからこそOUKENでは、ヒアリングも建築家2人で行い、こと細かにお客様のライフスタイルについておうかがいします。打ち合わせの後でも、建築家がデザインする上で気になった点をお客様にご相談することもあります。デザイン案は10名以上の「ひとつ屋根の下の建築家たち」が皆で意見を出し合い、チームでクオリティをチェックします。

感動できる
プレゼンテーションを実施

私たちがデザインする幸せな家には、すべてに理由があります。その見えざるデザインのプロセスを、しっかりお客様にプレゼンテーションするのがOUKENスタイルです。当社の建築家は、家を建てる予定地へ昼と夜に足を運び、まわりの環境面も考慮したデザインを企画します。そうした地道なリサーチを経て、なぜこのデザインにしたのか。ひとつひとつ発想のストーリーをお伝えします。模型をつくったスタッフからも、どういった部分にこだわったのか、制作の想いをご説明しながら、理想の家のイメージを膨らませていただきます。

クオリティへのこだわり

OUKENの建築家は、つくり手としてアウトプットするクオリティが全てだと考えています。心地よさ、ワクワク感、幸せ感…お客様との会話の中で発見したそれらの要素を建築で体現する。対面する建築家の感性だけでなく「建築家チーム」としてもデザイン性を上げることやコストバランスを考えるなど愚直にひとつひとつの作品のクオリティに注力しています。