メニュー

Kodawari

家づくりのこだわり

こだわり 01 直向きなヒアリング体制

「一途」に住まう人と向き合い
住まう人の想いを余すところなく汲み取ること

住まう人ひとりひとりにとって「オンリーワンの家」をご提供するために大切なこと。
それは「十分に、しっかりと、お客様とお話をさせていただくこと」だと考えています。
お客様とご家族のライフスタイルや、こだわりたいポイント。たくさんお聞かせください。
私どもはその想いに真摯に寄り添い、細やかな点に至るまでお応えいたします。

暮らしながら自分達で
カスタマイズできる家にしたい

「住んで育む、未完成の家」というコンセプトを立案し、一般的に構造素材として用いられる「OSB合板」を壁材として使用。ラフでありながらも、住まう人の人柄があふれる住宅が完成しました。

時を経ても飽きのこない
木の家に住みたい

「和」を基調としながら、使い勝手にも配慮した居住空間をご提案。建築業を営むお客様と、大工業を営まれていた亡きお父様の想いを汲み取り、木の魅力を繊細に採り入れた住宅をデザインいたしました。

プライベートを守りながらも
かっこいい家にしたい

人目が気にならない、中庭を中心に据えたプランを設計。また愛犬家であるお客様のために、犬の爪が滑りにくい床材のご提案や、愛犬が自由に散歩ができる回遊式の庭も設置いたしました。

建ぺい率50%の土地でも
暮らしを楽しめる家を建てたい

建ぺい率クリアのため、2つの箱を重ね、ずらしたような空間を構成。スキップフロアでリズミカルな生活動線を作りながらも、お客様が持参されたお写真を元に、幅2.7mもの大階段を造作しました。